コンテンツショートカット
    • login
    • 最近検索ワード

      • モデル
    LIFE MOVES. People

    「旅する住まい」で都市と自然の境界を越えていく。

    住まう
    長坂 常 |建築家

    スキーマ建築計画代表で、建築家の⻑坂常さん。これまで数々の建築を⼿がけ、「半建築」や「⾒えない開発」、「抜き差しなる建築」など、 さまざまなアイデアを⽣み出してきました。

    ⻑坂さんの建築に⼀貫するのは、⾵通しの良さ。確固たる構造物という建築のイメージをずらしていく、軽やかな建築が注⽬されています。

    そんな⻑坂さんが今回⼿がけたのが「旅する住まい」。⾃然のなかに都市⽣活を持ち出すというコンセプトの、魅⼒的なモバイルハウスを⽣み出しました。

    IONIQ 5のV2Lに着目したモバイルハウス

    「いつか島を作ってみたいんです。インフラから解き放たれた無⼈島で、⾃律したサ ステナブルな⽣活を実現するための計画がやりたい。その過程ではいろいろな技術が 必要になりますが、今回のプロジェクトはそんな島を実現するきっかけになるかもし れません」

    そう語る⻑坂さんは「旅する住まい」をテーマに、電気⾃動⾞・IONIQ 5とのコラボ レーションで、プロダクト制作に着⼿しました。

    このコラボにあたって⻑坂さんがまず注⽬したのは、IONIQ 5のバッテリー容量で す。

    「この⾞の電池は2⽇間の都市⽣活をまかなえるだけの電⼒を蓄えている。⾛るため だけでなく、⽣活もできる⾞なんだと捉え直しました。電気を使って、⾳楽を聞いた り、料理をしたり、映画を⾒たり……IONIQ 5は、そんな都市の⽣活を連れていって くれる。2⽇間といえば、キャンピングカーに乗る気合いの⼊った遠出じゃなくて、 ふらっと近場に⼀泊⼆⽇出かける感覚ですよね。そのためのモバイルハウスを作った ら⾯⽩そうだなと考えました」

    この思考を経て⽣み出したのが、IONIQ 5で牽引できるカヤックの船体の構造からヒ ントを得たモバイルハウスでした。

    ※V2L について
    IONIQ 5のV2L機能は室内外に、最⼤1.6㎾の電⼒を供給します。室内にもコンセントがあり、さらに外部の充電⼝にV2Lコネクターを連結することで、駐 ⾞中にもキャンプ場など外の様々な空間で、電⼒を使⽤することができます。

    仕事のヒントは遊びにある

    ⽔上レジャーが趣味だという⻑坂さんは、カヤックにも親しんでいた そうです。

    「最近SUPにハマったんですが、冬は寒くてできない。そこで今度は カヤックの船体を作ってみようと思ったんです。YouTubeの動画を 参考にしながら試⾏錯誤しているタイミングで、今回のオファーを受 けて。頭の中はカヤックに染まってたので、ちょうどいいやと思いま した(笑)」

    岩肌に絶えずぶつかりながら、川を流れていくカヤック。その船体は ⼗分な強度があるうえに、持ち運びやすさを考慮して軽量に作られて います。

    「けん引免許がなくても運べる重量のモバイルハウスを⽬指しまし た。軽い構造物なら、思い⽴ってすぐ普段のライフスタイルを引っ張 っていける。強くて軽いカヤックの船体は、モバイルハウスにぴった りでした」

    素材にこだわり、強度としなやかさを実現

    普段の遊びから発想が⽣まれた今回のプロダクトですが、⻑坂さんに とって動く構造物は、はじめての挑戦でもありました。思い出したの は、⼤学を卒業して独⽴して間もないころ、恩⼈である⾃動⾞エンジ ニアから聞いた⾔葉でした。

    「彼が⾔ってたんです。『建築は地⾯に根っこ⽣やして建ってるんだ から、簡単に建つんだよ。でも、⾃動⾞は絶えず動くし、ときには衝 突もする。そんな可能性を考え尽くして構造計算しているんだ』と。 今回初めて⾛⾏するプロダクトを作るにあたって、この⾔葉が強烈に 蘇りました。⾃動⾞同様に、衝撃や振動に耐えられるように、丈夫か つ、しなやかなモバイルハウスを⽬指して設計しました。」

    強度としなやかさを実現するために、こだわったのが素材です。

    カヤックの船体によく使われるFRP(繊維強化プラスチック)をプロ ダクトの外壁に採⽤。また、軽くて強度のあるナイロンの布を、ポリ ウレタン樹脂をかけながら、⽔張りのようにして張っていきます。

    「ナイロンを使ったプロダクトづくりも初めてでした。外装のテンシ ョンを保つための⾻組と布の厚みや、綺麗に張る⽅法など、考えるこ とが多かった。でも結局、⾃分の気分が上がるのは、やったことのな いこと、初めて挑戦することなんです。同じことをすると、すぐに飽 きてしまうんです。ちなみに今回、僕の設計に基づいて実際にプロダ クトを作る施⼯チームはSUP仲間なんですよ。作り⼿とデザイナーの ⽬線でバチバチにやりあって、いいものが作れました」

    都市生活と自然がゆるやかにつながっていく「旅する住まい」

    完成したモバイルハウスを「まずは⾃分で使ってみたい」と⻑坂さん は語ります。

    「製作中、モックアップに貼られた布に差し込む⽇光がすごく綺麗で した。反対に夜になれば、中で休む⼈が灯した明かりが外に漏れ出し ていく。その様⼦もホタルのように⾃然に馴染むだろうなと想像して ます」

    ⽇常⽣活が光を通して⾃然とゆるやかにつながっていく。そんな美し い光景が⽬に浮かびます。

    このモバイルハウスには、デスクやキッチン、タープテント、スクリ ーンなどが備え付けてあります。⾃然の中に出かけていっても、 IONIQ 5の電気を使って仕事や調理をしたり、映画を観たり、さまざ まな楽しみ⽅ができます。

    「天気のいい⽇にふと思い⽴って、⾃然のなかで仕事をしてもいい。 あるいは週末は家で映画を観る予定だったけど、外で観ても気持ちい いかも、と出かけていく。このモバイルハウスを使って、ふらっと⾃ 然のなかに出かけていくきっかけが⽣まれるといいですね」

    境界線が薄れると、居⼼地がいい

    ⻑坂さんにとっての居⼼地の良さは「外とつながっていて、いつでも 出られるという感覚」だと⾔います。

    「この千駄ヶ⾕のオフィスも、中にいても光を通して外を感じられる んです。この内外の融合していく感じが、僕にとっては居⼼地がいい のかな。ひょっとしたら暑かったり寒かったりするかもしれません。 でも、僕にとっては快適なんです」

    光を通して内外の境界線が薄れていく感覚は、今回のモバイルハウス にも⼤きく反映されています。内と外の境界線が薄れ、⾃然をより⾝ 近に感じることができます。IONIQ 5でこのモバイルハウスを連れ て、気の向くままに出かけていく。その場所の⾃然に溶け込んで、豊 かな時間を過ごす。この「旅する住まい」で、そんな体験ができる⽇ が待ち遠しいです。

    PROFILE ⻑坂常|Nagasaka Jo
    建築家

    スキーマ建築計画代表。主な設計建築にBLUEBOTTLE COFFEE店 舗や⻩⾦湯、武蔵野美術⼤学 16号館、D&DEPARTMENT JEJU by ARARIOなどがある。著書は『⻑坂常: 常に思っていること』。趣味 のSUPでは、都内の川や東京湾を回っている。

    Top

    シェアする

    推奨ブラウザのご案内

    当社ホームページは以下のブラウザでのご利用を推奨しております。

    • Chrome(最新版)
    • Microsoft Edge(最新版)
    • Firefox(最新版)
    • Safari(最新版)

    ポップアップブロック設定確認のお願い

    ポップアップブロックの設定をご確認ください。
    ポップアップブロックを設定していることにより、
    電子署名が正常に完了しない場合がございます。

    解除方法は、ポップアップブロック解除のご案内をご参照ください。

    ポップアップブロックの解除方法

    ポップアップブロック機能がONになっていますと、お客様の入力結果が正常に表示されない場合があります。 お手数ですが、ブラウザ別のガイドに従ってポップアップブロック機能をOFFにして進めてください。

    Google Chrome

    1. ブラウザ右上の「設定」ボタンをクリックします。

      popup allow
    2. メニューの「設定」ボタンをクリックします。

      popup allow
    3. [プライバシーとセキュリティ]>[サイトの設定]メニューをクリックします。

      下段の「サイト設定」タブをクリックします。

      popup allow
    4. [ポップアップとリダイレクト]メニューをクリックします。

      下段の「ポップアップ」タブをクリックします。

      popup allow
    5. [基本動作] からサイトがポップアップを送信したりリダイレクトを使用したりできるようにするを選択します。

      右側のボタンをクリックしてポップアップブロック機能をOFFにします。

      popup allow
    6. ブラウザのポップアップが許可されました。

    ポップアップブロックの解除方法

    ポップアップブロック機能がONになっていますと、お客様の入力結果が正常に表示されない場合があります。 お手数ですが、ブラウザ別のガイドに従ってポップアップブロック機能をOFFにして進めてください。

    Microsoft Edge

    1. ブラウザ右上の「設定」ボタンをクリックします。

      popup allow
    2. メニューの「設定」ボタンをクリックします。

      popup allow
    3. メニューの[Cookie とサイトのアクセス許可]>[ポップアップとリダイレクト]をクリックします。

      popup allow
    4. ブロック (推奨)ボタンをクリックしてポップアップブロック機能をOFFにします。

      popup allow
    5. ブラウザのポップアップが許可されました。

    ポップアップブロックの解除方法

    ポップアップブロック機能がONになっていますと、お客様の入力結果が正常に表示されない場合があります。 お手数ですが、ブラウザ別のガイドに従ってポップアップブロック機能をOFFにして進めてください。

    Firefox

    1. ブラウザ右上の「設定」ボタンをクリックします。

      popup allow
    2. メニューの[設定]ボタンをクリックします。

      popup allow
    3. [プライバシーとセキュリティ]をクリックします。

      popup allow
    4. ポップアップブロックのチェックボックスを解除します。

      popup allow
    5. ブラウザのポップアップが許可されました。

    ポップアップブロックの解除方法

    ポップアップブロック機能がONになっていますと、お客様の入力結果が正常に表示されない場合があります。 お手数ですが、ブラウザ別のガイドに従ってポップアップブロック機能をOFFにして進めてください。

    Safari

    1. ブラウザ左上の「Safari」をクリックします。

      iPhone設定画面で[Safari]タブをクリックします。

      popup allow
    2. 「環境設定」をクリックします。

      [ポップアップブロック]ボタンをクリックしてポップアップブロック機能をOFFにします。

      popup allow
    3. 「ポップアップウィンドウ」をクリックします。

      Safariブラウザのポップアップが許可されました。

      popup allow
    4. 「許可」を選択します。

      popup allow
    5. ブラウザのポップアップが許可されました。